CONTACT
PROJECT
XSTAND2021

「トンカンテラス」の開設準備が進行中!

 

2019年度のXSCHOOLから生まれた、”ものづくり”をテーマにした地域の交流拠点「トンカンテラス」。当時の中心メンバーで自らの実家倉庫を改修するプランを発表していた黒田悠生さんが、本格的な拠点開設の準備を進めています。

XSCHOOL参加後、会社員として働きながらも、自らのプロジェクトとして実家倉庫を使ったものづくり体験イベントや3Dプリンター・レーザーカッターをつかったプロダクト開発を並行して行なってきた黒田さん。

▲福井駅前の歩道を利用した社会実験「ふくみち」ではオリジナルアクティビティ「ぽらっぐ」を製作発表。

そのような活動を続ける中で、「『つくる』という行為や『できる』という気持ちを楽しむ人を福井に増やしたい」という思いを強くし、勤めていた企業を退社。2022年1月26日には新会社・ソリッドラボを立ち上げ、トンカンテラスも拠点としての本格開設を目指すことに。

▲改修設計はXSTUDIO(2018)-XSCHOOL(2019)メンバーで、建築士の高野麻実さんが担当しました。

2022年2月には、拠点整備のための改修ワークショップを開催。多くの子どもたちや地域の方が参加して改修作業を楽しみました。

▲地域の様々な人々を巻き込みながら、着々と開設に向けた準備が進んでいます。

▲この場所に、3Dプリンターやレーザーカッターをはじめ、ものづくりを楽しむための様々な機材が導入されていく予定。

 

あくまでも主語は「自分」におきながら、「自分が暮らす地域を楽しくしていきたい」と語る黒田さん。3月にはプラスチック廃棄物をものづくりの素材へと生まれ変わらせる「プレシャスプラスチック福井」の立ち上げも発表し、活動の幅をどんどん広げています。

 

ものづくりを通して地域を変えていく(かもしれない)トンカンテラスの活躍に今後もぜひご注目ください!

https://tonkanterrace.com/

 


Related article関連記事