find.f WONDERS
PROJECT
XSTUDIO

速報! XSTUDIO東京プレゼンテーション イベントレポート

2019年1月27日(日)、「東京ミッドタウン日比谷 BASEQ」にてXSTUDIO 東京プレゼンテーションが開催されました。メンバーや関係者を含めてなんと200人以上が一堂に会し、熱気に包まれるなか、各スタジオによるプレゼンテーションやトークセッションが行われました。当日の様子をいち早くダイジェスト版でご紹介します!

2018年9月からスタートしたXSTUDIOは、「繊維」をフィールドに、関東・関西・福井のメンバーたちが3つのスタジオに分かれ、プロジェクトをつくりだしてきました。

これからの地域における仕事づくりや、企業や地域のオープンイノベーションに関心のある方、福井にゆかりのある方、XSTUDIOの取り組みに興味がある方、繊維業界に関わる方などさまざまな方にお越しいただき、会場は満員御礼! プログラムディレクター内田友紀さん、多田智美さんの司会で、プレゼンテーションがスタートしました!

分野を超えた多彩なゲストレビュアー

まずは今回のプレゼンテーションにお越しいただいた3名のゲストレビュアーをご紹介。

1人目は株式会うなぎの寝床 代表取締役の白水高広さん。メーカー・問屋・リサーチ・観光などさまざまな事業を展開し、九州北部のものづくりを発信しています。

▲白水高広さん

 

2人目は編集者で黒鳥社(blkswn publishers)代表の若林恵さん。テクノロジーや文化、コミュニティなどあらゆる分野に精通されています。

▲若林恵さん

 

3人目は東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授の伊藤亜紗さん。視覚障害を持つ方をはじめ、身体的条件が異なる人の世界の捉え方を研究されています。

▲伊藤亜紗さん

 

3つのスタジオが歩んだ120日間を、15分に凝縮!

最初に行われたのは、各スタジオが15分間でこれまでの120日間の成果を発表する、ダイジェストプレゼンテーション。

STUDIO Aはプロジェクト名を「TEXTILE INVITATION」とし、布との出会いから関わり方までをリデザインした、新しいコミュニケーションのあり方を提案しました。


STUDIO Bはパートナー企業・ジャパンポリマーク株式会社の熱転写技術から発想した5つのプロジェクトを紹介。


STUDIO Cはレースを製造・販売する荒川レース工業株式会社とともに、レースの「よさ」と向き合う実験の数々や、レースの新たな可能性について発表しました。


各スタジオの発表に来場者のみなさんも興味津々の様子。受付で配布したハンドアウトにも真剣に目を通す姿が印象的でした。


会場外の展示スペースは、各スタジオがつくりあげたリサーチの記録やプロトタイプで埋め尽くされ、こちらも大盛況! 実際に手に取れるようになっていたり、使い心地を試せるようになっていたりと、来場者のみなさんにも楽しんでいただけた様子でした。


濃い議論が繰り広げられた「パラレルセッション」

ダイジェストプレゼンテーションの後は、会場を3つにわけ、スタジオ毎に進行するパラレルセッション。白水さんはSTUDIO A、若林さんはSTUDIO B、伊藤さんにはSTUDIO Cのセッションにご参加いただき、プロジェクトの詳細について議論を深めていきました。

▲STUDIO Aでは、レビュアーの白水さんが自身が福岡で展開している『うなぎの寝床』での例を挙げながら、これからの展開についてアイデアを交換

 

▲STUDIO Bはプロジェクトを通して地域のアイデンティティやサスティナビリティのあり方について、若林さんから鋭くも貴重な意見が

 

▲STUDIO Cは200点以上に及ぶ試作から厳選したものをスタジオメンバーが紹介。レビュアーの伊藤さんもプロトタイプを手に取り使い心地を試していました

 

1つのスタジオでじっと発表に耳を傾ける方もいれば、3か所すべてを回る方など、それぞれがセッションを自由に楽しみながら、あっという間の1時間が終了しました。

これからの世の中のあり方を問う「ラウンドトーク」

パラレルセッション後はゲストレビュアーとスタジオリーダー、ローカルリーダーをまじえたラウンドトークが行われました。


各スタジオの講評からはじまり、都市と地方のあり方、伝統文化の安易な「雑貨化」への懸念など、ジャンルを超えた鋭いコメントが続出。会場のみなさんもメモを取る手が止まらないようでした。


ラウンドトーク終了後に行われたレセプションパーティーでは、フードディレクター田中真紀子さんのコーディネートと、XSCHOOL1期・2期生合同チームのサポートにより、福井の食材を使ったユニークなおつまみや地酒がふるまわれました。


美味しい料理とお酒に、スタジオメンバーも来場者も話は尽きない様子。今後に向けた新しいつながりが会場のいたるところで生まれていました。

大盛況のうちに終了したXSTUDIO 東京プレゼンテーション。ゲストレビュアーや来場者のみなさんからさまざまなフィードバックをいただき、福井での発表に向けて、大きな弾みとなりました。ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。

2月9日(土)はいよいよ福井でのプレゼンテーションが行われます。こちらもどうぞご期待ください!

text:石原藍 photo:片岡杏子

-----------------------------------------------------------------------------

【XSTUDIOプレゼンテーション / 福井】        

福井の“繊維”と3つのスタジオからはじまる実践

 

⽇時:2019年2⽉9⽇(土)12:30〜18:30(12:00開場)

    12:30 オープニング、XSTUDIOのご紹介

    13:10 STUDIO A プレゼンテーション

       (休憩 15分)

    14:00 STUDIO B プレゼンテーション

    14:35 STUDIO C プレゼンテーション

       (展示見学・休憩 40分)

    15:45 ラウンドテーブル・セッション

    16:45 パートナー企業コメント

    17:10 展示見学・レセプションパーティ

    18:15 終了

       *展示は全時間帯でご覧いただけます

       *時間帯は変更になる可能性があります


会場:NICCAイノベーションセンター(福井県福井市文京4-23-1)

参加費:無料(*レセプションパーティつき)

事前登録をお願いしますhttps://xstudio2018fukuipresentation.peatix.com/


登壇者:30人のXSTUDIOメンバー

ゲストレビュアー:

伊藤ガビン氏(編集者)

田子學氏(デザイナー/MTDO Inc.代表取締役)

 

Facebookイベントページ(福井)

https://www.facebook.com/events/525011151336362/


Related article関連記事

さらに読み込む