XSCHOOL

make.f 未来につなぐ ふくい魅える化プロジェクト

2016年秋。
“革新を続ける伝統のものづくり”が根づく福井にて、
新たな未来を共創する、小さな小さな教室・ XSCHOOLが生まれます。

XSCHOOLの特徴

1
広義のデザインの力を生かした
新たなを生み出す実践の場の提供
既存のデザイン・クリエイションの概念にとらわれないもの・こと・仕事づくりを模索し、次代を切り拓く事業を創造する、新しいデザイナー、事業家の育成を支援します。 *あらゆる分野・枠組みを横断し、物事の再編集により世の中に新たな価値をもたらす力
1
“革新を続ける伝統”が息づく福井を舞台に、
分野の異なる3企業との協働によりプログラムを構築
長きにわたり“革新を続ける伝統のものづくり“を続ける福井を舞台に、カレンダー・駅弁・セラミックと分野の異なるパートナー企業とともに新たなクリエイティブの実験を行います。
1
各分野で先駆的活動を続ける講師陣とともに、
“出会い・考え・つくる”を伴走できる小さな教室形式
XSCHOOLは小さな小さな教室です。デザイン・プログラム・ものづくりなど各分野で活躍する講師陣、また地元企業とともにディスカッションを重ねながら、新たな未来を共創します。

応募の流れ・スケジュール

  • 9/24(土)

    9/26(月)
    募集説明会@東京・大阪・福井 9/24(土)14:00-16:00 @co-lab 西麻布 (東京都港区西麻布 2-24-2 KREIビル 地下1階) 9/25(日)12:00-14:00 @スタンダードブックストア心斎橋 (大阪市中央区西心斎橋2-2-12 クリスタグランドビル) 9/26(月)19:00-21:00  @CRAFT BRIDGE (福井市中央3-5-12)
    10/16(日)
    応募締め切り
    10/26(水)
    選考結果発表
    11/11(金)

    11/13(日)
    第1回ワークショップ@福井 福井について知るレクチャー+パートナー企業でのフィールドワークとチームアップ
  • 12/3(土)

    12/4(日)
    第2回ワークショップ@福井 フィールドワークをもとにしたプランの立案
    12/18(日)
    第3回ワークショップ@福井 提案の再考・リサーチ、講師によるフィードバック
    2017年
    1/8(日)

    1/9(月)
    第4回ワークショップ@福井 中間クリティーク、ビジネス講座の開催
    2月-3月
    (未定)
    最終発表会@福井(東京・大阪) さまざまな視点を持ったレビュアーや、地元企業らを前に発表会

    *スケジュールは変更する可能性があります、あらかじめご了承ください。

2016年度テーマ

時間

2016年度講師

  • 原田 祐馬
    原田 祐馬 / Yuma Harada
    1979年大阪府生まれ。UMA / design farm代表。大阪を拠点に文化や福祉、地域に関わるプロジェクトを中心に、グラフィック、空間、展覧会や企画開発などを通して、理念を可視化し新しい体験をつくりだすことを目指している。「共に考え、共につくる」を大切に、対話と実験を繰り返すデザインを実践。京都造形芸術大学空間演出デザイン学科客員教授。
  • 萩原俊矢
    萩原俊矢 / Shunya Hagiwara
    1984年神奈川生まれ。プログラムとデザインの領域を横断的に活動しているウェブデザイナー/デベロッパー。2012年、セミトランスペアレント・デザインを経て独立。ウェブデザイン、ネットアートの分野を中心に、幅広く作品を発表している。フリーランスとしての活動のかたわら、デザインと編集の集団 cooked.jp 、映像ユニット flapper3 にも所属。多摩美術大学統合デザイン学科非常勤講師。IDPW.org 正会員として文化庁メディア芸術祭新人賞を受賞。
  • 高橋孝治
    高橋孝治 / Koji Takahashi
    1980年大分県生まれ。多摩美術大学卒業。無印良品のインハウスデザイナーとして、生活雑貨の企画デザイン、防災プロジェクト「いつものもしも」のディレクションなど、無印良品のデザインを実践。昨年末に愛知県常滑市に移住。主に地元企業、団体と様々な企画開発を行っている。

事業化アドバイザー

  • 山口高弘
  • 山口高弘 / Takahiro Yamaguchi
    GOB Incubation Partners株式会社 Co-founder。プロスポーツ選手。19歳で不動産会社を起業、事業売却。大学進学を経て、野村総合研究所にてビジネス・イノベーション室長として新規事業開発支援を展開。2014年、GOB-IPを創業。主に0→1および1→10フェーズでのインキュベーション実績が豊富。著書:「アイデア・メーカー」(東洋経済)。

レクチャラー

coming soon..!

プログラムディレクター

原田祐馬 [デザイナー・UMA/design farm代表]
※XSCHOOL講師と兼任
多田智美 [編集者・MUESUM代表]
内田友紀 [株式会社リ・パブリック共同代表]

2016年度パートナー企業

keyword

暮らしを可視化する

株式会社 にしばた

創業140年を迎える業界トップシェアのカレンダー会社。江戸時代、伊勢暦の出版を福井藩主松平家から託されたことが創業の起源。企画・開発から製造・販売・物流まで一括管理する独自のシステムを持つ。

営業品目:カレンダー・紙製品企画・製造・販売・綿製品・印入うちわ販売

  • Message
  • 弊社株式会社にしばたは、江戸時代より福井藩の暦の発行を承り、暦とともに歩んできました。近年はカレンダーを使う人も減ってきましたが、「暦」は暮らしや家族の“時間”を司る存在として大切にされてきたもの。まだまだ可能性を秘めていると考えています。カレンダーの概念の刷新を実現するためにも、形態や情報の形にこだわらない、外部のさまざまな経験や才能とのコラボレーションに期待しています。

keyword

思い出に寄り添う

株式会社 番匠本店

明治35年創業。駅弁では常に上位にランクインする「越前かにめし」のほか、地場の食材にこだわった福井を代表する駅弁事業を展開する。また、四季折々のお惣菜、冷凍米飯などの事業なども手がける。

事業品目:駅弁、オードブル、お惣菜、お土産品、駅ナカ店舗販売、カフェなど

  • Message
  • 旅の記憶に「食」の思い出は欠かせません。時代は変わっても、食と旅の一体的な経験はこれからもより求められると考えています。地域に根ざした「食文化」を継承する食の提供、給食や高齢者・幼児向けなどの食のニーズへの対応、弊社が誇る高度な冷凍技術や大きな厨房の活用など含め、食の企業としての可能性と地域への貢献を、さまざまな経験を持つみなさんと考えていきたいと思っています。

keyword

素材を見つめる

株式会社 廣部硬器

警察紋章の日本トップシェア。セラミックスの優れた特性と純金焼成技術により、半永久的な製品を製作。高い技術を誇るだけでなく、働き方としても、世代を超えた温かい企業文化が根付いている。

事業品目:セラミックス製品、蓄光材、点字鋲、ウォータージェット切断

  • Message
  • 当社の強みは精巧さと造形表現を兼ね備えた、正確で粘り強いものづくり!工業と工芸の間に位置づけられるような職人技の鋳型づくりやウォータージェットの活用など、幅広い造形を行っています。製造過程で生まれる廃棄物の活用や、職人技の伝承、また法人だけでなく個人のお客様との関係を結ぶ事業展開など、みなさんとアイデアを出し合いながら可能性を広げていきたいと考えています。

募集要項

募集対象
・広義のデザインの力を生かして、将来的に自ら事業を起こしたい方(企業内 起業、第二創業など含む)
・自らのクリエイティビティを発揮し、異なる属性の仲間との協働に積極的な方
・デザイナー、メイカー、エンジニア、プログラマー、起業家などさまざまな既存の 枠組みを超えて、新しい生き方・働き方を実践しながら模索したい方
・学びを得るだけでなく、主体的に挑戦する姿勢を持つ方
参加条件
・下記日程で福井市内にて開催されるワークショップに参加できること。(全日程の参加が難しい場合は、info@make-f.comまでご相談いただくか、備考欄に参加が難しい日程を明記のうえエントリーください。)
2016年11月11日(金)-13日(日)、12月3日(土)-4日(日)、12月18日(日)、
2017年1月8日(日)-9日(月)、2月〜3月頃(未定)
※期間中は、チーム・個人でのリサーチ、プロトタイピングなどの課題制作なども予定しています。
募集人数
20名程度
実施期間
2016年11月〜2017年3月末日
参加費用
無料 ※ただし、プロジェクトに関わる宿泊費、交通費、食費などは自己負担です。
申し込み方法
本サイトのエントリーフォームより、お名前・ご住所・メールアドレスなど必要事項を入力し、送信してください。
申し込み〆切
2016年10月16日(日)24:00まで
※エントリー後、お電話またはSkypeなどで個別にインタビューをさせていただく場合がございます。
選考結果発表
2016年10月26日(ご本人のメールアドレス宛にご連絡予定)

【知的財産権について】

本プログラムを通じて発生した知的財産権の帰属およびその利用方法については、その創造または獲得に具体的に関与した者の間で個別に協議の上で決定することとします。

FAQ よくある質問

Q.1期間中、参加メンバー同士や講師とのコミュニケーションはどのように取りますか?
SNSやグループウェアを立ち上げてコミュニケーション予定です。
Q.2学生も参加できますか?年齢制限はありますか?
どなたでもエントリーいただけます。デザイナーのみならず、自ら事業を生み出したいと考えておられる方のご参加をお待ちしています。
Q.3チームでエントリーできますか?
可能です。エントリー時にその旨を明記ください。
Q.4XSCHOOL卒業後はどのような活躍が考えられますか?
今回のアイデアをもとに、地域資源を生かして起業・事業化をする、パートナー企業とともに企業内起業(新規事業)を考える、外部のビジネスパートナーやデザイナーとしてパートナー企業と提携するなど、さまざまな活躍を期待しています。
Q.5県内・県外からの参加もできますか?
歓迎します!県外・県内の双方が仲間になり、互いのスキルや経験を生かし切磋琢磨することを期待します。
Q.6期間中の福井での宿泊先に候補はありますか?
宿泊先は基本参加者個人での手配となりますが、ご希望に応じて福井市内のホテルやゲストハウスをご紹介いたします。

未来につなぐ ふくい魅える化プロジェクトとは

日本列島の「へそ」に位置する、海・山などの豊かな自然、繊維をはじめとする産業、生活環境や教育への高い満足度、女性の有業率、社長輩出率日本一、と環境に恵まれた福井市。

その背景には、脈々と培われてきた創造的な生活者の工夫、豊かな風土・文化・知恵・技能を生かしつつ新たな価値へ展開する産業の担い手たちの精神があります。


 “古きを温め新しきを知る”。温故知新−創造的な発想で新たな価値を生みだす姿勢は、企業や個人にも受け継がれ、また昨今、さまざまな分野で活躍する創造的な人々の協働により、事業、空間、イベントなど、次代をつくる試みが日々生みだされています。

 未来につなぐ ふくい魅える化プロジェクトは、暮らし/しごとを軸に、福井の魅力や価値の可視化を通して、地域を超えた“新たな人の流れの創出”を目的に始動しました。さまざまな世代を対象としたプロジェクトと、独自のメディアを通して、ここから生まれる物語を伝え、福井に暮らす人々には身近な暮らしの再発見を、まだ福井の魅力を知らない人々には新たな街と出会うきっかけを届けていきます。2016年秋、これからの福井、都市の未来を描く、新たな挑戦がスタートします。

PROJECT

make.f

  • PROJECT1:make.f LAB XSCHOOL
    “革新を続ける伝統のものづくり”が根づく福井を舞台に、事業創造マインドを備えた新たなデザイナー像を育む小さな教室。地場産業とともに、次代の“事業の種”を生み出していきます。
    PROJECT2:make.fIGHT 東西対抗アイデアソン・ メークファイト!!!
    福井の地域資源をテーマにした東西・福井の学生対抗アイデアソン。都市圏大学生の多くには未知のミステリアスな土地福井から、挑戦的なビジネスアイデアを生み出していきます。
  • PROJECT3:make.fUTURE WORK 次代の“あたりまえ”な働き方研究所
    魅力的な企業アンバサダーの生き方から、多様性のある働き方を考えるプログラム。生き生きと活躍する企業アンバサダーが、「幸せ福度日本一」の福井で暮らす・働く魅力を発信します。
    PROJECT4:make.fORTUNE FUKUI しあわせの秘密を探る取材の旅
    地元の中高生が福井の魅力を再発見していくプログラム。福井で活躍する人材への取材を通して、食や自然、観光、働き方など隠れた強み・面白さを触れ、“地元愛”を培います。
    +α PROJECT 冬の日本海トライアルステイ
    福井の海暮らしを体感するトライアルステイ企画。沿岸部の越廼地区を拠点に冬の日本海を望みながら、福井で暮らす・働くを体験し、まだ眠っている福井の魅力と可能性を発見します。

ページトップへ

  • 実施主体
    未来につなぐ ふくい魅える化プロジェクト
    主宰
    福井市
    協力
    福井大学産学官連携本部、株式会社福井銀行、株式会社福井新聞社
    運営
    株式会社リ・パブリック、株式会社福井新聞社
  • facebook